図面を見ている建築士

塗装をする

機器

屋根の塗装がボロボロだ。

私は今の家に住んで30年ほどになる。幸い大きな汚れや故障などもなくまだまだ住めそうな感じである。しかし1箇所だけ気になるところがあってそれは屋根だ。私は全国でも有数の豪雨地帯であるために、屋根の塗装がほぼ剥げてしまっていて見た目が悪い。中に住んでいるものとしては何も感じないが、外から見られていると思うとやはり気になるのが人間の心理というものだ。周りの家もだいたいどこもそんな感じなのだが、塗装を塗り替えている家もかなり出始めているため私の家でも屋根塗装をしようという話になったのだ。インターネットで色々な情報を集めてみたが料金がだいぶ違う。そこで近くにある会社からの見積もりを3社から取る事にした。

しっかりとした材料を選んだ。

3社から見積もりを取ったが料金はどこも30万円ほどが相場なようだ。その中で1番対応が良かったところで屋根塗装をお願いすることにした。その業者の人に色々と話を聞くと塗料には色々な種類があるとのことだ。高いものは50万円ほどにもなるが防水性にすぐれ耐久性も高いらしい。更に保障も30年つけてくれるとのことだ。保障を30年も付けるというのは自信の表れだと思うので、思い切って50万円の屋根塗装をすることにしたのだ。なんといっても私の住む地域は豪雨地帯なので雨に対する予防はできるだけしたいと思っていたのだ。 屋根塗装は1週間ほどにわたって行われた。丁寧な仕事をしているのが素人目にもわかった。 屋根の出来上がり具合だが、高級感のある塗装で大満足だ。